安全運転がうまくなる方法

自分の運転を振り返ることで安全運転に磨きがかかります。 普段、何気無く走っている道で 曲がった、 停まった、 発進した。 その時々にその行動を振り返ってみて 「今、曲がる前にミラー見たかな?」 「目視したかな?」 「停まる前に後ろ見てから  ブレーキ踏んだかな?」 等々、 常に自分の運転を振り返ることが 自分の安全運転に磨きをかけることに つながります。 振り返る、と言っても 毎日ドライブレコーダーの映像を 確認しましょう、などと 言うつもりはありません。 その時々に考えればいいのです。 ただ、その時に思っただけでは 中々、記憶に残りにくいので 「あれ?今、後ろみたかな?」 など声に出しておけば 記憶にも残りやすくなります。 ぶつかれば 人の命を簡単に奪うことができる そんな鉄の塊を動かすのですから 安全に動かすことは運転免許を 持っている者の義務です。 今まで事故を起こしたことが無い人も 安全運転に磨きをかけるために 日々の運転を見直してみませんか 人気ブログランキングへ

続きを読む

他車からあなたの車は見えてますか

街中など車線が複数あるところで 斜め前の車が突然、 車線変更してきてぶつかりそうになった そんな経験はありませんか? 相手はミラーで確認して 大丈夫と思って車線を変えたら 実はすぐそばに車がいて 相手もビックリしていたかもしれません。 一概に相手の 「確認不足」を責めるよりも 自分が相手から見えていたか 考えてみましょう。 ミラーで確認するだけでは 死角が多すぎます。 ミラーだけを信じて 車線変更するのは 非常に危険な行為です。 自動車学校では 「必ず目視」と教えられますが 目視確認しない人も多いのが現状。 そんな車にぶつけられても 自分にも回避責任があるので (前回参照) 相手だけが100%悪いとは 言えないのです。 【2022年4月最新モデル】 ドライブレコーダー ミラー型 前後カメラ タッチパネル 10インチ ドラレコ 170°広角レンズ 前後同時録画 前後同時表示 ループ録画 暗視機能 LED信号機対応 32GBカード付き 日本語システム 日本語説明書付き 1年保証価格:8999円(税込、送料別) (2022/9/21時点) 相手から自分が見えているのか? を意識することも 自分の身を守るためには重要なことです。 「人から見えているかどうかなんてわかるか!」 と思われるでしょう。 それは当然ですが、 最低限自分の身を守るために 「相手車のドアミラーを見たときに 運転者の顔が見えるか」…

続きを読む

運転手の顔は見ないほうが

割り込まれたり危険な運転をされたりして頭に来て 「どんな奴が運転しているのか?」 隣に並んで相手の顔を見たことが ありますか? あまりオススメ出来ない行為です。 しないほうがいいです。 余計なトラブルを誘発します。 割り込んできた相手は 自分にとっては普通の行為で 悪いことをした認識が ないかもしれません。 それなのに隣に並んで 見られたりすると 「ガンつけられた!」(表現古っ!) となって、それが 煽り運転を誘発することにも なります。 煽り運転は、する側が悪いのはモチロンですが、 される側にも原因があることが 多いと言われています。 相手が悪いことをした認識がなければ 「自分は何もしていないのに煽られた!」 となります。 警察を呼んだところで ぶつかったなどの実害が無ければ 「まぁまぁ、お互いに気を付けて」 と決着がつかずに終わるだけです。 後々、自分のイヤな思いが 残るだけですから 「こんなヤツもいるんだ」 くらいの気持ちで相手にしないのが イイ方法です。 人気ブログランキングへ

続きを読む

だろう運転は危険

だろう運転、 「これくらいはいいだろう」 「相手は止まってくれるだろう」 「わかってくれるだろう」 自分勝手な自分に都合がいい解釈。 身に覚えがある方は 多いのではないでしょうか? 運転するうえでは 「わかってくれるだろう」 は通用しないと思った方がいいようです。 親子でも100%理解できないのに 赤の他人が自分の事を理解してくれるとは 思わないほうがいいですね。 相手の動きを見極めたうえで こちらが行動を起こす。 自分に被害が及ばないためには、 それぐらいの気持ちで 運転したほうがいいようです。 自分はそんな考えで運転しているので ン10年以上無事故が続いています。 (過去にはかなり大きな事故を  起こしたこともありますが・・・  その反省で今があります) 人気ブログランキングへ

続きを読む

トラックの前後に割込むのは危険行為

走っているトラック(特に大型)の前後には 車間が空いていることが多いです。 普通車なら入れる、と 急に割込むシーンもよく見ますが はっきり言って危険極まりない行為です。 トラックが車間を空けて走っているのは 訳があります。 別に「割り込んでいいですよ」 と言っている訳ではありません。 トラックは重量があるので ブレーキをかけても普通車のように 短い距離で停まることができません。 (荷物を積んでいなければ  普通車並の距離で停まることも  可能ではありますが) 積荷があると急ブレーキをかけられません。 その理由は荷崩れ。 過去には 鉄骨を積んだトラックが急ブレーキをかけて 鉄骨が運転席を突き破り 運転手が亡くなった事故もありました。 ワイヤーで固定していても 急ブレーキの大きな慣性力にはかないません。 荷主の大切な荷物を守るために トラックドライバーは 安全運転にならざるを得ないのです。 そんなトラックの前に急に割込んで トラックに急ブレーキをかけさせて 停まれずに突っ込まれたりしたら 不幸なことになりかねません。 また トラックの後ろに 無理に入ろうとしたところで そのトラックに急ブレーキでもかけられたら・・ トラックの前はどんな状況かわからないので、 トラックの後ろ…

続きを読む