運動神経、反射神経が鈍いと運転には向かないの?

気にしている方は 意外と多いようですが 運動神経、反射神経が鈍くても 運転の向き不向きは関係ありません。 運転に大事なのは 常に周りの動きに注意し 少しでも早く危険を察知する事。 反応が人よりも1秒遅ければ 1秒早く危険を察知して 回避行動を起こせばいいのです。 自分は反射神経、運動神経ともに 人よりも鈍い人間です。 運動は全て苦手、 自転車も小学校4年になるまで 乗れませんでした。 そんな人間がオートバイのレースで 優勝することができるくらいですから 運動神経と運転は関係ない、 と言ってもいいでしょう。 大事なのは危険を早く見つける。 そのために周囲の動きを 常に意識することが大事なのです。 車に積んであれば イザというときに安心   ↓ 人気ブログランキングへ

続きを読む