トラックの前後に割込むのは危険行為

走っているトラック(特に大型)の前後には

車間が空いていることが多いです。
mokuzai_truck.png

普通車なら入れる、と

急に割込むシーンもよく見ますが

はっきり言って危険極まりない行為です。

トラックが車間を空けて走っているのは

訳があります。


別に「割り込んでいいですよ」

と言っている訳ではありません。


トラックは重量があるので

ブレーキをかけても普通車のように

短い距離で停まることができません。

(荷物を積んでいなければ

 普通車並の距離で停まることも

 可能ではありますが)

積荷があると急ブレーキをかけられません。

その理由は荷崩れ。


過去には

鉄骨を積んだトラックが急ブレーキをかけて

鉄骨が運転席を突き破り

運転手が亡くなった事故もありました。

ワイヤーで固定していても

急ブレーキの大きな慣性力にはかないません。
mokuzai_truck-bb9b2.png

荷主の大切な荷物を守るために

トラックドライバーは

安全運転にならざるを得ないのです。


そんなトラックの前に急に割込んで

トラックに急ブレーキをかけさせて

停まれずに突っ込まれたりしたら

不幸なことになりかねません。


また

トラックの後ろに

無理に入ろうとしたところで

そのトラックに急ブレーキでもかけられたら・・


トラックの前はどんな状況かわからないので、

トラックの後ろに入るときも

十分に車間距離を取らないと

自分が危険な目に会います。


トラックの前後に車線変更するときは

十分な車間距離を取って入るように

しましょう。



人気ブログランキングへ

この記事へのコメント